資産活用事例(2)

不動産コンサルティングの経験からのご提案

熊本市中央区坪井にて、土地の売却の相談をいただきました。
早速調査したところ、いくつかのクリアすべき問題がある事が判明しました。

調査すると複雑な条件が複数

  1. 依頼人は他県在住で、長期間空き家で危険だとして町内自治会からの早急な対応を求められていた
  2. 物件の奥には他人の地上権のある住居があり、全体の土地の価値を上げる為買取を提案するも拒絶される
  3. 実際相続した土地と同じ敷地内に別の時効取得が可能な土地があった (※時効取得可能期間は20年以上自分の土地と同様に占有して使用している事)
  4. 他県に住む相続人に、時効取得の意向を伝えたところ裁判を示唆されている

これだけ複雑な条件が揃うと通常の市場に売り出すことは難しく、不動産会社や住宅メーカーに市場価値より遥かに安く売却する事が多い案件です。

不動産コンサルティングマスターとしての長年の経験と知識、そして人脈をフル稼働させての解決策をご提案

1.依頼人は他県在住で、長期空き家で危険だとして自治体からの早急な対応を求められていた

→当然にすぐに売却等の対応が必要です。相続人に一切の信認をいただき活動開始。

3.実際相続した土地とは別に時効取得可能なの土地があった (※時効取得については後日ご紹介します)

→まずは、出来るだけ市場価値に近い金額で売却できるように、時効取得の意思を相続人に提案を行いましたが、相続人は裁判で争うとのことでした。
裁判となれば3年~5年以上の日数と費用が労費されます。早急に対応しないといけない本案件の為、早速相続人に和解を提案。分譲価格の3分の1程度の金額で売却していただく事で解決しました。

ここで土地がまとまり、より早く販売を行うために、ハウスメーカーと提携し、分譲地2区画に造成し、わずか2カ月で完売に成功しました。

通常であれば、早期売却希望の本案件は市場価格から離れた安い金額での売却でも致し方ないような条件が揃っていましたが、様々な角度からのアプローチにより、物件の価値を上げることに成功し、結果分譲価格を市場価格以上で売却でき工事費用・諸経費等を差し引いても市価の75%以上の手取り金が依頼人は得られました。

一見価値がないような難しい案件も視点を変えて、アプローチを行えば物件が生まれかわることもあります。

ぜひ一度「三真土地建物」にご相談ください。

ご相談・お問い合せはお気軽にどうぞ!
三真土地建物では不動産に関する【無料相談】を実施しております。お一人で悩む前にまずはお気軽にご相談ください!